中絶費用はどのくらい?安くする方法はあるの?

中絶費用について紹介する医者中絶手術を行なう場合、必ず医療機関へいく必要があります
そして、当然費用も発生することとなります。

費用は妊娠期間によって変わりますが、保険が適用されませんので全額自己負担となります。そのため、かなり高額になることを覚悟しておく必要があります。

ここでは、一般的に必要となる中絶手術の費用や負担を軽減する方法をご紹介します。

費用の相場

中絶費用について指摘する医者中絶手術は、妊娠の初期と中期によって費用が大きく変わります。(※妊娠後期は不可)

初期・中期どちらであっても、病院へ行ってすぐに手術が受けられるわけではありません。はじめに手術が受けられるかどうか検査が行われますが、検査費用で1~2万円、初診料で1~2万円かかります

また、中絶を行なったあと精神的なダメージが大きく、カウンセリングを受ける女性も少なくありません

そういった場合、精神状態が安定するまで通院する事となります。こうした費用も必要となる場合がありますので覚えておきましょう。

妊娠初期(12週未満)

妊娠初期の場合には、費用は10万円前後かかります。
高ければ20万円近いところもあります。金額に差があるのは病院が自由に金額を設定できることと胎児の大きさが異なるからです。難易度が高いほど費用も高くなります。

妊娠中期(12週~22週未満)

妊娠中期の場合には、費用は30~50万円ほどかかります。
妊娠期間が長くなるほど胎児は大きく成長していますので、通常の出産と同じように分娩します。

費用の支払い方法

費用を提示する医者中絶手術費用の支払い方法ですが、こちらも病院によって異なります。

基本的には現金での支払いとなりますが、中にはクレジットカードで支払いができるところもあります。場合によってはクレジットカードの限度額を引き上げてもらわなければなりませんので、クレジットカード会社に問い合わせをしましょう。

費用の負担を軽くするには?

手術を行うからには必ず費用を支払わなければなりませんが、負担を軽くする方法が2つあります。

1、妊娠中期まで待つ

妊娠初期と中期では、初期の費用のほうが安いです。

しかし、妊娠中期であれば出産一時金を受給できます。申請しなければ受け取ることは出来ませんが、一手間で経済的負担が大きく軽減されます。

また、加入している生命保険によっては保険金を請求できる場合があります。こちらは妊娠中期だけに限りませんので、一度担当者に聞いてみてもいいでしょう。

2、医療費控除を申請する

中絶費用自体を減らせるわけではありませんが、医療費控除によって支払い負担額を軽減することが出来ます。医療費控除は、確定申告時に所得に応じて医療費を一定額まで控除してくれる制度です。

こちらも申請しないといけませんが、税金を節約できますので知っておくと良いでしょう。

ちなみに、申請時には医療費の領収書が必要となりますので保管しておきましょう。

Scroll Up