男性にしっかり避妊をしてもらうにはどうすればいい?

カップル愛情を確認するためや快楽を求めるためにセックスをする男女は多いと思います。

もちろん、子孫を残そうとしていないのにセックスをすることは間違いではありません。ただ、「今子供が出来てしまっては困る」と思っているのであれば、しっかり避妊をする必要があります。

あなたはいつもセックスをする時どんな方法で避妊していますか?

日本人の多くは、コンドームで避妊しています。コンドームは正しく利用すれば、高い確率で避妊できますし、性感染症も予防できます。

とは言っても、コンドームは男性主導で行なう避妊です。つまり、男性に拒否されると避妊が出来ないのです…

避妊したがらない男性が多い理由

男性は女性に比べて避妊に対する意識が低く、無責任な方が多いです。(もちろんそうでない人も居ますが)そのため、避妊なしのセックスを求める男性が目立ちます。

どうして多くの男性が避妊をしたがらないのか?
その理由は、

・避妊が面倒

・ゴム無しのほうが気持ちいい

・AV男優のような気分を味わいたい

・避妊の重要性を知らない

などが挙げられます。

避妊を嫌がる=思いやりがない

不仲なカップルもちろん、避妊をしない理由は他にも色々とあると思いますが、上記に挙げた理由だけを見てみると、なかなか身勝手な理由ですよね。

もちろん、「避妊を嫌がる=思いやりがない」とは言い切れませんが、そう捉えてしまっても仕方がありません。

しかも、男性は女性よりも力が強いので、避妊具ナシでセックスされれば抵抗できません。だからといって男性に、パイプカット(避妊手術)をしてもらうには負担が大きすぎるし…。

では、男性がコンドームでの避妊を嫌がった場合、女性はそれを受け入れるしかないのでしょうか…?

次に、男性を不快にさせず避妊をしてもらう方法についてお話します。

どうやって伝える?男性に避妊してもらう言い方

避妊をすることで妊娠をリスクを大幅に減らすことが出来ます。

ただ、男性のなかには避妊具を付けたがらない人も居ます。しかし、そんな一瞬の快楽が原因で人生が大きく変わってしまう恐れがあるので、何としてでも男性に避妊してもらうよう伝えましょう。

…ただ、そうは言っても
「いいムードの中、コンドーム付けてとは言い難い」
「好きな人に嫌われたらどうしよう」

と思って伝えにくい女性もいるでしょう。
ここでは、男性を不快にさせず避妊具を付けてもらう伝え方をご紹介します。

パートナーにコンドームを付けてもらう言い方

男に迫る女子まだ2人で過ごす時間を大切にしたい
避妊をしないと当然、妊娠する可能性が出てきますし、そうなれば2人お間に子供が生まれます。まだ2人でラブラブな時間を過ごしたいと伝えれば、きっと彼も納得してくれるはずです。

つけてくれたら色々してあげる
ゴムを付けてくれる代わりに、あなたの言うことを聞いてあげる!と言えば、きっと男性はすぐさまゴムを付けてくれます。多少男性の言うことを聞いてあげなければなりませんが、ゴムさえ付けてもらえればこっちのものです。

本当に好きだからちゃんとしてほしい
本当に自分のことを好きと思っているなら付けて欲しいと言えば、男性も受け入れてくれるでしょう。あなたのことを思ってくれているのなら黙って付けてくれるはずです。

じゃあわたしが付けてあげる!
もしも相手が避妊を嫌がった場合、あなたが付けてあげると良いでしょう。男性の体を触りながら付けてあげると男性も喜びます。

いかがでしょうか?
避妊してくれない彼にはどうすればいいか悩んでいる場合には、是非参考にしてみて下さい!

ちゃんとあとのことを考えて!その場で流されないことが大切

ムードに流されないこと男性といいムードになってホテルへ…。そんな時に「避妊して」と言いにくい場面も出てくるかもしれません。

中に出さないから大丈夫と男性から言われたり、今日は危険日じゃないから大丈夫かと思ったりすることもあるかもしれませんが、その一瞬が後悔を招くかも。

上記で、男性を不快にさせずに避妊してもらう方法についてお伝えしたと思いますが、その際、避妊してくれないとエッチしないという意思を見せることが大切です。軽く嫌とあしらうだけでは、「嫌よ嫌よも好きのうち」と誤解されてしまうことがあります。

そして、1回だけでも許してしまうことで、次もいいじゃん…となり、そのままいつか妊娠してしまいます。