男性の避妊手術パイプカットってどんな手術なの?

パイプカットについて紹介する医者避妊というと最もメジャーなのはコンドームを利用した方法です。もちろんコンドームでもしっかりと避妊をすることは出来ますが、確実ではありません。また、セックスをする度に装着する必要があります。

避妊方法の種類は女性の方が多いですが、男性が行なう確実な避妊方法があります。それは「パイプカット」です。

パイプカットとは避妊手術のことで、精子の通り道を塞いで精子がでないようにします。

パイプカット、手術…とう聞くと色々不安に感じることも多いと思いますので、ここでは男性避妊手術のパイプカットについて詳しく紹介していきます。

パイプカットとはどんな手術なの?

パイプカットパイプカットの正式名称は精管結紮術(せいかんけっさつじゅつ)といい、睾丸で生成された精子の通り道である精管を切断する手術のことです。

パイプカットを行なうことによって、セックスをしたとしても精子が出てくることはありませんので妊娠することはありません。生殖機能は働かなくなりますが、機能そのものが失われるわけではないので、勃起も可能ですし精液(精子を含まない分泌物)はでます

パイプカットの避妊成功率は?

パイプカットの避妊成功率は99.9%で、避妊方法の中でも確実です。
ただ、どうして100%とは言い切れないのか?

その理由は、切断した精管がつながってしまう可能性があるからです。
精管がつながってしまう確率は非常に低いですが、実際につながってしまい、再び精子が出ることがあります。
また、パイプカットを行なった後でも、手術前の精子が精液の中に生きたまま残っている可能性があります。精液の中に生きた精子が残らない状態になるには、最低でも20回の射精が必要と言われています。

パイプカットが出来る人の条件

パイプカットはほぼ確実な避妊方法です。ただ、誰でもパイプカットの手術ができるわけではありません
パイプカットを行える条件としては、

・30歳以上である

・既婚者

・子どもが1人以上居る

・配偶者の承諾を得ている

すべての条件を満たして初めて手術を行なうことが出来ます。

パイプカットをするメリット・デメリット

パイプカットのメリット

・避妊具を使用しなくてよい
・ほぼ100%の確率で避妊が出来る
・妊娠させてしまうかもしれないという不安から解放される
・女性の負担も軽減される(ピルの服用、中絶など)
・一度手術を行えば半永久的に効果が持続する

パイプカットのデメリット

・手術を行なうこととなるので失敗のリスクがある
・体に負担がかかる
・後遺症が残るケースが有る
・再び生殖機能を回復させることが難しい

術後について

手術後について説明する医者手術自体は30分程度で終わります。術後は入院などする必要がなく、当日帰宅することが出来ます。(仕事もOK)

ただし、手術をしてから1週間は性行為やマスターベーションを控える必要があります。その理由は、傷口が開いてしまう恐れがあるからです。傷口が開けば当然痛みも感じます。

また、アルコールや激しい運動も1週間程度は控える必要があります。

手術を行なったあとは、精液のなかに精子が含まれていないか検査が行われます。

検査で精子が含まれていないことが確認されればパイプカットは成功となります。

痛みはどうなの?

手術と聞けば「痛い」というイメージがあります。ただ、パイプカットをする際には痛みを感じないように麻酔が行われます。

麻酔は病院によっても違いますが、マスクでガスを吸うマスク麻酔と注射で麻酔を行なう静脈麻酔があります。完全無痛で手術を行っている病院もありますので、事前にネットで調べておくと良いでしょう。

費用はどのくらいかかるのか

費用を提示する医者パイプカットは保険適用外の手術となります。病院によっても大きく費用は異なりますが5~20万円程度です。相場は10万円と考えておくと良いでしょう。

病院のホームページにパイプカットの料金が記載されている事が多く、記載されていない場合でも問い合わせれば金額を教えてもらうことが出来ます。

元に戻したい時は

パイプカットを行ったものの、再び子供がほしいと思った場合は精管を再び結合させることは基本的に不可能だと考えておきましょう。

再結合は簡単にできることではありませんし、再結合の手術自体はありますが完全に、元の状態へ戻すことは非常に困難であるため、戻らない可能性の方が高くなります。

そのため、パイプカットを行なう場合には「本当に今後子供がほしくないか」ということを十分に考慮したうえで決断する必要があります。

手術を受ける条件などもあるためパイプカットをしたいができないというようなケースもあります。

パイプカット以外の避妊手法

パイプカットをしたいと考えてはいるけど、また子供が欲しくなるかもしれないというケースは珍しくありません。

子供が要らないからとパイプカットをしたけど、手術から数年経ってパートナーがもう一人子供が欲しいと思うなんてこともあります。

色々と考えて決断したけど、その決意が揺らぐことは珍しくないのです。

一度パイプカットをしてしまうと、再び元の状態に戻すことは非常に困難ですし、パートナーに対して再び子供が欲しいと打ち明けることも難しくなります。

手術がしたいけど、気が変わるかもしれない、料金が高い、条件をクリアできない。そうした時に取れる選択肢は

・コンドーム

・低用量ピル

・リズム法

上記の3種となり、それぞれにメリット・デメリットがあるのでそれらの、メリットやデメリットを適切に把握したうえで
どういった手法で避妊を行っていくのかを考えましょう。

コンドーム

言わずと知れた避妊具のコンドームを使う事で避妊が可能です。
コンドームも当然、めいかくなメリットやデメリットがあります。

コンドームのメリット

避妊だけでなく、性病感染を防ぐ効果がある。
複数人の相手と関係を持つというような場合には、最適。

コンドームのデメリット

ゴムの装着感がゼロになることはない。
正しく装着できなかった場合や、性交中に破損した場合、妊娠する可能性がある。
上記の理由で、避妊成功率は8割程度とされており、2割の確率で妊娠する可能性があります。

 

リズム法

避妊具や医薬品を使わず、完全にタイミングだけで行う避妊手法がリズム法です。
簡単に行える避妊手法ですが、その避妊率は最も低くなっています。

メリット

費用などをかけずに避妊ができる
ゴムの装着感や薬の副作用などがない

デメリット

妊娠する可能性が最も高い。
妊娠してしまった場合には、堕胎手術になるケースも。

 

低用量ピル

男性手動ではなく、女性に協力してもらう形で避妊を行う時に使うのが低用量ピルです。

低用量ピルのメリット

99%近い非常に高い避妊率を誇る最高峰の避妊手法
PMS解消にも役立つ

低用量ピルのデメリット

服用を続ける必要があり、2日以上飲み忘れてしまうと妊娠する状態に戻ってしまう
副作用が現れる場合がある。

 

トリキュラー

低用量ピルなら、通販でも購入ができるのでパートナーに協力してもらいましょう

トリキュラーを購入する

トリキュラー以外の低用量ピルはこちらから

低用量ピル一覧


Scroll Up