アイピルは一度の服用で避妊効果を発揮する人気のアフターピル

アイピルってどんなピル?

アフターピルのアイピルアイピルは危険な性行為をしたあとに服用するピルになります。モーニングアフターピル、アフターピル、緊急避妊薬などとも呼ばれています。

アイピルは通常の低用量ピルに比べて、女性ホルモンの配合量が多いです。そのため、服用することで体内のホルモン量が一気に増え、強制的に生理を起こします。そうすることで、事後であっても避妊効果が得られます。

ただし、堕胎効果はありませんので受精卵が着床してしまった場合にはアイピルを服用しても意味がありません。

アイピルはノルレボ錠と呼ばれるアフターピルのジェネリック医薬品です

有効成分はレボノルゲストレルで、ノルレボ錠と同じく受精や着床を防ぐ効果があります。

アイピルの効果とは?

アフターピルについて紹介する医者低用量ピルの場合には避妊以外にも嬉しい効果が多々ありますが、アイピルは避妊目的で服用されるピルです。

正しく服用すれば、避妊に失敗してしまった場合や避妊ができなかった場合でも高い確率で避妊に成功します。

危険な性行為をして妊娠してしまうのは女性です。そのため、危険な性行為をするつもりはなくても、自分の身を守るためにお守り代わりとして常に携帯しておくことをオススメします

こんな副作用が起こることも…

副作用を指摘する医者アイピルは一度に大量の女性ホルモンを摂取して事後に避妊をするピルです。そのため、体に与える影響が大きく、副作用が出やすい傾向にあります。

主な副作用は吐き気です。

吐き気を我慢できずに吐いてしまう方も居ますが、服用後3時間以内に吐いてしまった場合には薬の有効成分が体に浸透されていない恐れがありますので再度服用する必要があります。

吐き気が心配な場合には、アイピルと一緒に市販の酔い止めを服用しておくことで症状を軽減できます。

飲み方と注意

飲み方について指摘する医者アイピルは危険な性行為をしてから72時間以内に1錠服用します。

ただし、性行為をしてから早く服用するほど避妊成功率は高くなります。

例えば、避妊失敗から24時間以内に服用すれば避妊成功率は95%以上ですが、避妊失敗から25~48時間以内に服用すると85%、49~72時間以内に服用すると58%にまで下がってしまいます。

よって、アイピルで避妊をする場合には、事前にアイピルを用意して早めに服用できるようにしましょう。

アイピルはあくまで「緊急避妊薬」です。そのため、毎回性行為をする度に使用することは出来ませんし、日頃しっかり避妊することが大切です。

どのくらいの金額で買えるの?

通販サイトで購入するアイピルも低用量ピルと同じく婦人科や産婦人科などの病院で処方してもらうことが可能です。ただ、病院によっては処方していませんので事前に取扱があるか調べておく必要があります。

また、アイピルは保険適用外のお薬で、1錠(1回分)あたり10000円前後します。さらに、診察料、検査料などが必要となりますので総額は15000~20000円程度します

アイピルは病院以外にも通販(個人輸入代行)で購入することが可能です。

通販を利用した場合には、1錠1300円前後で購入できます。

通販なので送料は発生しますが、病院を利用する時の費用と比べ10分の1程度に抑えられます。また、病院では1回分までしか処方してもらえませんが、津藩であれば数回分のアイピルをまとめ買い出来ます。

Scroll Up