女の子の味方!低用量ピルを正しく飲もう

低用量ピルを日頃から服用していることで、女性の意志で避妊が出来ます。
そのため、低用量ピルを服用していれば、万が一男性が避妊をしてくれなくても性犯罪に巻き込まれてしまった場合でも妊娠することはありません。

ここでは、低用量ピルとはどんな薬なのか?詳しく紹介していきます。

低用量ピルってなに?

低用量ピル低用量ピルは女性ホルモンが配合されたお薬で、服用することによって排卵を抑制させます。排卵がなければ体は妊娠できませんので、結果的に避妊が出来るというわけです。

また、低用量ピルに排卵の抑制以外にも精子が子宮に侵入するのを防ぎ、受精卵が子宮内膜に着床することを防ぐ効果があります。

どのくらいの確率で避妊に成功するのか

低用量ピルについて解説する医者低用量ピルを服用している場合の避妊成功率は、99.7%です。ほぼ100%避妊が出来ると考えて良いでしょう。

ただし、服用するタイミングが遅れた、服用することを忘れてしまった等などの場合には避妊成功率が下がってしまいますので気をつけましょう。

低用量ピルには種類があります

現在、様々な種類の低用量ピルがありますが、それぞれで配合されている女性ホルモンの量や種類が違います。

ホルモンの配合量による分類

一相性ピル

1シート21錠が全て同じホルモン量となっています。

そのため、どの錠剤を飲んでも得られる効果が同じで、飲み間違えたとしても問題ありません

また、一相性ピルは生理日が調節しやすい特徴があります。

ニ相性ピル

1シート21錠の前半、後半でホルモンの配合量が異なる低用量ピルです。

ホルモンの配合量は前半に比べ後半は約2倍となっています。

通常、体内でもホルモン量は変化していますので、自然な形でホルモンを摂取することが出来ます。

ただし、現在ではニ相性ピルはほとんど出回っていません

三相性ピル

1シート21錠のホルモン量が3段階に変化している低用量ピルです。

商品によってもホルモンの変化が異なりますので、体質によって合うものと合わないものがあります。

前半から後半にかけて徐々にホルモン量が多くなっている三相性ピルが多いですが、中には中間のホルモン量が少なくなっている三相性ピルもあります。

三相性ピルは自分の体に合うものを見つけられれば副作用はほとんどありません

女性ホルモンの種類による分類

第一世代

黄体ホルモンのノルエチステロンが使用されている低用量ピルになります。

低用量ピルの中でも作用が緩やかで男性日症状などの副作用が起きにくい特徴があります。

また、生理時の出血量を軽減させるたりPMS症状の軽減作用もあります。

第ニ世代

黄体ホルモンのノボのルゲストレスが使用されている低用量ピルになります。

第一世代ピルに比べると効果は強いものの、男性ホルモンの作用が出てしまい、体重増加や大人ニキビなどの副作用が出やすいです。

第三世代

黄体ホルモンのデソゲストレルが使用されている低用量ピルになります。

第二世代ピルのような高い効果がありつつ、副作用が抑えられているという特徴があります。

ただし、血栓症のリスクが高い傾向があります。

低用量ピルを飲むメリット・デメリット

低用量ピルで避妊すると何がいいのか?逆に良くない点は何なのか?ここでメリット・デメリットをあわせて見ていきましょう。

メリット

自分自身で避妊をすることが出来る

生理の周期が正確になる

生理日を自分でコントロールすることが出来る

PMS症状(イライラ、情緒不安定、ニキビ、眠気、腰など)の軽減

生理痛軽減

デメリット

毎日決まったタイミングに服用しなければならない

正しく飲まなければ妊娠率が上がってしまう

自分に合わないものを選ぶと吐き気などの副作用がある

薬代が高い

副作用はあるの?

副作用について指摘する医者ピルに関わらず、どんな医薬品でも副作用のリスクがあります。

体質や体のコンディションによっても副作用の症状は違いますが、低用量ピルの場合には妊娠初期と同様の症状が起こりやすいです。

主な副作用には、吐き気、頭痛、体重増加、不正出血などがあります。

ただ、こうした症状は1~2ヶ月程度で薄れていきます。

どうやって飲むの?正しい飲み方

薬を飲む女性低用量ピルは錠剤タイプの経口避妊薬です。コップ1杯の水やぬるま湯と一緒に飲みます。

低用量ピルは毎日少量の女性ホルモンを摂取することで、ようやく避妊効果が得られます。

細かい時間設定などはありませんが、出来るだけ毎日決まった時間に1錠服用する必要があります。

低用量ピルはどうやって入手する?

通販サイトで購入する低用量ピルがほしいとなった場合には、病院と通販(個人輸入代行)の2つの方法で購入することが出来ます。

病院の場合、婦人科や産婦人科などで処方してもらうことが出来ます。診察を受けた当日すぐに処方してもらうことができますが、薬代は1ヶ月分(1シート分)2000~3000円に診察料、必要によっては検査代も必要となります。

そのため、初回は2~3万円かかる場合もあります。

通販の場合、海外の医薬品を個人輸入できる個人輸入代行サイトを利用することとなります。個人輸入といっても、購入までは通常の通販と変わりません。病院のように診察をうけることが出来ない、すぐに手に入れることができないというデメリットがありますが、病院よりも安く、まとめて購入できます。

人気の低用量ピル