日本の病院でも扱われている人気のトリキュラー

トリキュラーってどんな低用量ピル?

トリキュラートリキュラーは少量の女性ホルモンが含まれている低用量ピルになります。日本の病院で処方されていて、低用量ピルの中で最も多くの方に利用されています

トリキュラーは2種のホルモンが配合されていて、有効成分はレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールの2種です。

低用量ピルの種類は第2世代の3相性となっており、体内のホルモン変化に合わせて作られています。

ホルモンの周期は人によって異なりますので、トリキュラーが体に合わない方も居ます。ただ、体に合えば非常に服用しやすい低用量ピルになります

トリキュラーを飲んで嬉しい効果!

薬を飲む女性トリキュラーは避妊目的で服用されていますが、避妊以外にも効果が得られます。

例えば、生理不順や生理痛の解消、経血量の減少などの効果もあります。そのため、毎月生理時期に辛い思いをされている女性におすすめです。

こんな副作用が起こることも…

副作用を指摘する医者トリキュラーは低用量ピルの中では比較的副作用は少ないです。しかし、必ず副作用が起こらないわけではありません。

人によっては、吐き気、頭痛、お腹のハリ、乳房のハリなどの症状が起こります

こうした症状はマイナートラブルと言って、妊娠初期に見られる症状と同じ症状が起こります。

基本的に低用量ピルの副作用は1ヶ月程度で解消されます、ただし、強い副作用が出た場合や長期的に症状が続く場合などは無理せず病院へ行きましょう。

飲み方と注意

飲み方を紹介する医者トリキュラーは21錠タイプと28錠タイプの2種類があります。いずれも有効成分が含まれているのは21錠で、残りの7錠は偽薬(プラセボ)となります。これは、休薬期間の日間に薬の服用を忘れないようにするために存在しています。

21錠タイプと28錠タイプは、いずれにしても毎日決まったタイミングに服用する必要があります。2~3時間の誤差は問題ありませんが、服用を忘れたりタイミングが遅くなることで避妊効果が下がる恐れがあります。

どのくらいの金額で買えるの?

スマホサイトで注文する女性トリキュラーは婦人科や産婦人科などの診療科で処方してもらうことの出来る低用量ピルです。

避妊目的・生理痛緩和目的などで処方してもらうこととなりますが、トリキュラーはどのくらいの金額で購入できるのでしょうか?

病院でトリキュラーを処方してもらう場合、1シート(1ヶ月分)は2,000円前後です。但し、お薬代とは別に診察料や検査料なども発生します。そのため、総額は1シートあたり4000~5000円程度となります。

ただ、トリキュラーは個人輸入代行からでも購入することが出来ます。

個人輸入代行サイトを利用した場合、トリキュラーの金額は1シート(1ヶ月分)1200円程度となります。

送料が発生する場合もありますが、病院よりは安く購入できます。