市販の避妊薬には何がある?自分に合った買い方を発見

コンビニのコンドームの棚妊娠を希望せずにセックスするとき場合、避妊をする必要があります。避妊方法は他のページでも紹介しているように沢山の種類があります。

ただ、避妊薬というのは市販薬がなく、薬局やドラッグストアでは販売されていません。現在、唯一販売されている避妊具は男性用コンドームのみです。

以前は殺精子剤が市販薬として店頭に並んでいましたが、現在では殺精子剤の販売は中止されています。

また、低用量ピルやアフターピルは海外では市販薬として売られていますが、日本は処方箋が必要なお薬なので店頭には置いていません

そのため、その他の避妊薬や避妊具は、いざセックスをするとなってドラッグストアへ行ったとしても避妊薬な何一つ手に入れることはできません。

どこで買える?避妊薬や避妊具を購入する方法

避妊具や避妊薬を購入する方法は主に2パターンあります。

病院

病院での処方箋病院と言っても診療科は限られており、主に婦人科や産婦人科などとなります。

病院では、主に低用量ピルやアフターピルなどの医師の処方が必要な処方箋薬を取り扱っています。

また、その他IUDやIUSなどの避妊具の装着、避妊手術なども病院を利用することとなります。

病院を利用するメリットとして、専門の知識を持った医師に診察をしてもらうことができる、自分に合った避妊方法を試せるということが挙げられます

ただし、病院を利用するデメリットも当然あります。

例えば、低用量ピルを処方してもらう場合、数カ月分まとめて処方してくれるところが少ない、通院しなければならない、経済的な負担がかかるなどが挙げられます。

また、アフターピルの場合は予備に処方してもらうことは出来ず、避妊に失敗した度に病院へ行かなければなりません。

個人輸入代行

通販サイトで購入する個人輸入代行とは、代行業者を通じて個人輸入するサービスです。

海外の医薬品を輸入できるようになっており、日本では医師の処方が必要な医薬品でも個人輸入代行から購入することが出来ます

個人輸入といっても一般的な通販サイトを利用するようにして注文しますので、普段から通販を利用されている方であれば難なく注文できるでしょう。

個人輸入代行を利用するメリットとして、日本では販売中止された殺精子剤や病院で処方されている低用量ピル・アフターピルの購入が出来る、誰にも知られずに購入できる、まとめ買いが出来る、安いということが挙げられます

個人輸入代行のデメリットとしては、自己責任の購入となる、医師の説明を受けることが出来ないので自分で用法用量や注意事項を確認しなければならないといったことが挙げられます。

病院VS個人輸入代行!!どっちを利用するほうがいいのか?

病院と個人輸入代行どちらがいいか説明する医者低用量ピルやアフターピルは病院でも個人輸入代行サイトでも手に入れることができるけど、結局はどっちを利用するほうがいいのか?悩みますよね。

病院でも個人輸入代行でもメリット・デメリットはありますので、正直どちらがいいとはいい切れません。

ただ、両者のメリットだけを利用して避妊薬を購入するのであれば、

はじめは病院で診察を受けてピルの飲み方や注意点などを医師に聞く

病院でもらったピルが無くなる前に個人輸入代行でピルを購入する

なにか体に気になる症状がある場合には病院へ行く

こうすることで、お金をかけず安心してピルを服用することが出来ます。

個人輸入代行サイト利用するならどこがいい?

スマホサイトで注文する女性自分でピルを買いたいとなれば、国内の通販サイトでは取り扱いがないので個人輸入代行サイトを利用することとなります。

ただ、今まで個人輸入代行サイトを利用したことがない方からするとどんなサイトを利用すればいいのか分かりません。

海外の医薬品には偽造品も多いので、個人輸入初心者からすると少し不安にも感じるでしょう。

個人輸入代行サイトを利用する際、

問い合わせで迅速丁寧な回答が得られる

プライバシーを守る梱包をしてくれる

クレジットカードでの決済が可能

口コミ件数が多い

こうしたことを参考にしてサイトを選べば、トラブルに巻き込まれるようなこともないですし、偽造品が届くこともありません。

現在、優良サイトと呼ばれるトラブルがない個人輸入代行業者は多々ありますが、その中でも私が利用しているのはココロ薬局さんです。

ココロ薬局さんは、低用量ピルやアフターピルの取扱商品数が多く、殺精子剤の避妊フィルムなども取り扱っています。

しかも、まとめて買えば買うほど1商品あたりの金額が安くなりますので、まとめ買いにはすごくありがたいです。

あと、お得なキャンペーンを行なっていることも多く、他のサイトよりポイントはためやすいと思います。

郵便局留めにして商品を受け取ることも可能なので、家族や恋人にバレたくないお薬を買う人にもいいですね。