市販の避妊薬には何がある?自分に合った買い方を発見

コンビニのコンドームの棚妊娠を希望せずにセックスするとき場合、避妊をする必要があります。避妊方法は他のページでも紹介しているように沢山の種類があります。

ただ、避妊薬というのは市販薬がなく、薬局やドラッグストアでは販売されていません。現在、唯一販売されている避妊具は男性用コンドームのみです。

以前は殺精子剤が市販薬として店頭に並んでいましたが、現在では殺精子剤の販売は中止されています。

また、低用量ピルやアフターピルは海外では市販薬として売られていますが、日本は処方箋が必要なお薬なので店頭には置いていません

そのため、その他の避妊薬や避妊具は、いざセックスをするとなってドラッグストアへ行ったとしても避妊薬な何一つ手に入れることはできません。

ただし、諸外国の中には避妊薬が薬局などで販売されていたりするので、将来医的に、日本でも同様に薬局などで低用量ピルの購入できるようになる可能性はゼロではありません

日本で市販されている避妊に使える物は?

避妊薬は、日本では市販されてはいません。
現在、日本で市販されている避妊に使えるものは基本的にコンドームだけです。
コンドームも高い避妊率を誇る避妊具ではありますが、高い避妊率を実現するためには適切な使い方をしなければならず
物理的な破損などによって、たやすく妊娠してしまう事もあります。
そのため、避妊の為に避妊具を用いるというのは、効果的でもありますが破損などのリスクもあるという事を覚えておきましょう。

避妊薬が市販されていない。これこそ日本でピルが一般的に使われていない大きな要因の一つと言えるでしょう。
海外では、低用量ピルを薬局で簡単に手に入れることが可能です。
そのため、避妊法としてピルは第一の選択肢に上がるほど。ピルを使いながら、コンドームを性病の予防に使っているのです。

日本でも、審議はされたりしていますがまだまだ市販には遠い道のりがあるので、日本で低用量ピルが市販されるようになるまでは
コンドームを使ったり病院や通販を使って、低用量ピルを手に入れるようにしましょう。

アイピル

市販していないアフターピルも個人輸入代行なら購入できます。

アイピルを購入する

どこで買える?避妊薬や避妊具を購入する方法

避妊具や避妊薬を購入する方法は主に2パターンあります。

その2パターンというのが、病院と個人輸入代行の利用です。どちらの方法で購入するのがいいのか。

その答えは人によって変化します。

一刻も早く手に入れたい。
少しでも安く手に入れたい。

というように、変化するため自分が今優先しているのはどういった部分なのか?を考えてより適した方法で手に入れることが肝心です

特に低用量ピルに関しては、継続して服用を行うことが基本となるので少しでも安い方が負担も少なくて済みます。

逆にアフターピルなどの緊急避妊薬については、一刻も早く服用が必要になるので早く手に入れられることを最優先に考えるでしょう。

また、同じアフターピルでも、前もって手に入れておきたい場合には、より安いものを欲しいと考える人はいるでしょう。

このように、低用量ピルかアフターピルでも違いますし、同じアフターピルでもすぐに必要かそうでないかでも変わってくるのです。

ここからは、病院と個人輸入代行それぞれのメリットやデメリットを紹介していきます。

病院

病院での処方箋ピルやアフターピルを処方してくれる病院の診療科は限られていて、主に婦人科や産婦人科などとなります。

病院では、日本で認可されている低用量ピルやアフターピルなどを取り扱っており、それらの処方箋をもらうことが可能です。

また、避妊薬を使わない避妊リングと呼ばれたりするIUDやIUSなどの避妊具の装着、避妊、中絶などの手術も病院を利用することとなります。

病院を利用するメリットとしては、専門知識を持った医師に診察をしてもらうことができる、自分に合った避妊方法を試せるということが挙げられます

様々な避妊法があり、同じ避妊法でもそこから更に細分化されている現状なので、自分に最も適した避妊法を専門家である医師と相談しながら探せるというのはこれ以上に無いメリットと言えます。

ただし、病院を利用する場合には当然、デメリットもあります。

例えば、低用量ピルを処方してもらう場合、数カ月分まとめて処方してくれるところが少ない、通院しなければならない、経済的な負担がかかるなどが挙げられます。

また、アフターピルの場合は予備で処方してもらうことができず、避妊に失敗した度に病院へ行かなければなりません。

近くにかかりつけの婦人科があればその手間もあまりないかも知れませんが、近くに無い場合には病院に足を運ぶだけでも大変になることがあります。

個人輸入代行

通販サイトで購入する個人輸入代行とは、代行業者を通じて個人輸入するサービスです。

海外の医薬品を輸入できるようになっており、日本では医師の処方が必要な医薬品でも個人輸入代行から購入することが出来ます

個人輸入といっても一般的な通販サイトを利用するようにして欲しい商品を選んで手続きするだけで、手元にピルを届けてもらえるようになります。
そのため、普段から通販を利用されている方であれば難なく注文できるでしょうし、初めての方でも簡単に使ってもらえます。

個人輸入代行を利用するメリットとして、日本では販売されていない殺精子剤や病院で処方されている低用量ピル・アフターピルの購入ができる、誰にも知られずに購入できる、まとめ買いが出来る、安いということが挙げられます

上記以外にも、日本ではまだ認可されていないジェネリック医薬品も輸入できます。認可されていないものは不安に感じることもあるでしょうが、外国では認可されているので安心してつかえます。

個人輸入代行のデメリットとしては、自己責任の使用や購入となる、医師の説明を受けることができないので自分で用法用量や注意事項を確認しなければならない、海外からの輸入となるため手元に届くまでに1~2週間程度の時間がかかるといったことが挙げられます。

病院VS個人輸入代行!!どっちを利用するほうがいいのか?

病院と個人輸入代行どちらがいいか説明する医者低用量ピルやアフターピルは病院でも個人輸入代行サイトでも手に入れることができるけど、結局はどっちを利用するほうがいいのか?悩みますよね。

病院でも個人輸入代行でもメリット・デメリットはありますので、正直どちらがいいとはいい切れません。

ただ、両者のメリットだけを利用して避妊薬を購入するのであれば、

はじめは病院で診察を受けてピルの飲み方や注意点などを医師に聞く

病院でもらったピルが無くなる前に個人輸入代行でピルを購入する

なにか体に気になる症状がある場合には病院へ行く

こうすることで、お金をかけず安心してピルを服用することが出来ます。

個人輸入代行サイト利用するならどこがいい?

スマホサイトで注文する女性自分でピルを買いたいとなれば、国内の通販サイトでは取り扱いがないので個人輸入代行サイトを利用することとなります。

ただ、今まで個人輸入代行サイトを利用したことがない方からするとどんなサイトを利用すればいいのか分かりません。

海外の医薬品には偽造品も多いので、個人輸入初心者からすると少し不安にも感じるでしょう。

個人輸入代行サイトを利用する際、

問い合わせで迅速丁寧な回答が得られる

プライバシーを守る梱包をしてくれる

クレジットカードでの決済が可能

口コミ件数が多い

こうしたことを参考にしてサイトを選べば、トラブルに巻き込まれるようなこともないですし、偽造品が届くこともありません。

現在、優良サイトと呼ばれるトラブルがない個人輸入代行業者は多々ありますが、その中でも私が利用しているのはココロ薬局です。

ココロ薬局さんは、低用量ピルやアフターピルの取扱商品数が多く、殺精子剤の避妊フィルムなども取り扱っています。

しかも、まとめて買えば買うほど1商品あたりの金額が安くなりますので、まとめ買いにはすごくありがたいです。

お得なキャンペーンを行なっていることも多く、他のサイトよりポイントはためやすいと思います。

郵便局留めにして商品を受け取ることも可能なので、家族や恋人にバレたくないお薬を買う人にもいいですね。

アイピル

個人輸入なら病院で処方してもらう手間もかからずに、いざというとき役立つアフターピルを購入できます。

アイピルを購入する

Scroll Up