数年間避妊できるIUD(避妊リング)のキホン

IUDってどんな避妊方法?

IUDについて紹介する医者IUD(Intrauterine device)とは女性が主体で行なうことの出来る避妊方法の一つです。

IUDは、子宮内避妊用具や避妊リングとも呼ばれ、子宮内に専用の器具を挿入することで精子と卵子の受精を防ぎます。

正しく装着していれば高い避妊効果が得られ、さらに数年間効果が持続します。

IUDで避妊ができるメカニズムについてですが、IUDの器具には銅が付加されているタイプとされていないタイプの2種類あります。

いずれも基本的には、子宮内の環境を変えて受精卵が着床しないようにする作用があります。

また、銅が付加されているタイプの場合には、精子の運動性を弱める作用がありますのでより高い避妊効果が得られます。

どのくらいの避妊成功率なのか

IUDの器具IUD(避妊リング)は一度子宮内に挿入すると2~5年間は使用することができ、避妊効果は約99.4%あります。

避妊効果が高いと言われているピルとほぼ同じ高い避妊効果が得られます。

ただし、使用年月には個人差がありますので、IUDを使用する場合には婦人科で定期的に検診を受ける必要があります。

IUD(避妊リング)のメリット・デメリット

IUDのメリット

女性が自分で避妊をすることが出来る

性行為をする前に避妊をする必要がない

一度装着すれば数年間は避妊効果が持続する

授乳中であっても使用することが出来る

IUDのデメリット

装着する際には病院へ行って、処置を受ける必要がある

経血量が増える可能性がある

出産の経験がない女性は装着が困難

費用が高め

どうすれば装着できるのか?

IUDの装着IUDを装着する際には、必ず病院へ行く必要があります。

病院ではまず検査を行い、子宮の位置や大きさ、膣の内容物、妊娠の有無などを調べます。これらの検査を行なって、IUD装着に問題がなければ処置が行われます。

医師による装着はほんの数分です。

器具自体も切手ほどのサイズで装着時に痛みを感じることもありません。もちろん、その後入院をする必要もありませんし、そのまま日常生活を続けられます。

IUDの副作用

IUDは装着後に副作用が現れる恐れがあります。
主な副作用には、

出血

過多月経

下腹部痛

おりもの

などが挙げられます。
数日間すると副作用は治まりますが、長期的に症状を感じる場合には婦人科へ行きましょう。
装着後、性行為をして違和感があった場合にはIUDの位置がずれている可能性があるので診察を受けましょう。

適している人と適していない人

IUDは一度装着してしまえば、あとは何もしなくても避妊が出来るとあってとても便利です。

しかし、IUDは適している方もいればそうでない方も居ます。ここでは、どういったタイプの女性に適しており、どういった女性には適していないのか?ということをご紹介します。

IUDに適している女性

長期間妊娠を希望しない

何度も避妊をすることが面倒

薬を飲むのが不安

IUDに適していない女性

妊娠中

性感染症になっている(過去3ヶ月以内になった)

子宮に炎症や異常などの問題がある

銅アレルギー

先天性の心疾患がある

月経量が異常に多い

出産経験がない

IUDに適している女性・適していない女性は以上になります。特に、IUDに適していない女性の条件は上記以外にも存在しますので、気になる方は婦人科へ相談するとよいでしょう。

気になるお金の話

IUD装着の金額を紹介する医者IUDの装着は病院で行う必要があります。

この処置は保険が適用されませんので、費用はどうしても高くなります。

保険が適用されない自由診療の場合、各医療機関で自由に料金を設定することが出来ますので、金額は医療機関によって異なります。

また、使用するIUDによっても金額は異なります。相場としては3~7万円程度となります。

装着時だけではなく、IUDの交換や取り外しを行なうときにも料金は発生しますので覚えておきましょう。

妊娠には影響はないの?

IUDを装着すると数年間は避妊効果が持続します。ただし、IUDを取り出せば再び妊娠することができます。

そのため、一度装着したら妊娠できない体になるわけではありませんので安心して下さい。