避妊以外にも嬉しい効果たくさん!IUSで避妊しよう

IUSってどんな避妊方法?

IUSIUS(Intrauterine system)とは子宮内システムのことで、女性が自分で避妊を行なう方法の1つです。

IUSは他のページでも紹介しているIUDと同じように専用の器具を子宮内に装着して避妊効果を得ます

IUSはIUDに薬剤が付加されている器具になります。こちらも装着時には病院へ行く必要がありますが、一度装着すると最大で5年ほど避妊効果が持続します。

IUSで避妊が出来るメカニズムについてですが、IUSに付加されている薬剤(黄体ホルモン)が子宮内膜を薄くします。

そうすることで受精卵が着床しにくい環境を作り出します。また、IUSは子宮内の粘液が変化し、精子が侵入しにくくする作用があります。

IUSはIUDとピルの役割を併せ持っている避妊方法となりますので、非常に避妊成功率が高いです。

日本ではまだ認知度の低い避妊方法ですが、世界では既に130カ国以上、2000万人以上の女性が使用しています。

どのくらいの避妊成功率なのか

避妊の成功率について指摘する医者IUSは一度装着することで最大5年間避妊効果が持続します。IUSはIUDと低用量ピルの良いところを併せ持っていた避妊方法となりますので、数ある避妊方法の中でも避妊成功率は99.8%と圧倒的に高いです。

IUSは最長で5年間の使用が可能です。しかし、使用期限には個人差がありますので定期的に婦人科で検診を受けるようにしましょう。

メリット・デメリット

IUSのメリット

女性が主体となって避妊が出来る

性行為をする前に避妊具を装着する必要がない

ピルを毎日服用する必要がない

一度装着すれば長期避妊が可能

生理痛の緩和

経血量の減少

IUSのデメリット

装着時は病院へ行かなければならない

装着後数日間は不正出血が起こることがある

費用が高め

どうすれば装着できるのか?

装着方法を紹介する医者IUSは自分で器具を購入し、装着することは出来ませんので婦人科や産婦人科へ行く必要があります。また、挿入前には検査が行われ、子宮の場所やサイズ、乳房の状態、膣内容物などを調べ、問題なければ挿入できます。

IUSは切手ほどのサイズで柔軟性のある器具なので、挿入の痛みはほとんどの方が感じないようです。また、処置自体も数分間で終わり、すぐに帰宅が可能です。

IUSの副作用

IUDは比較的副作用が少ないですが、人によっては症状を感じます。
主な副作用には、

生理日が長引く

下腹部痛

生理サイクルの変化

などが挙げられます。
また、IUS除去後の出血や腹痛などが生じることもあります。
副作用は装着後数日間でなくなりますが、長期的に症状が続く場合には婦人科へ行きましょう。

適している人と適していない人

IUSは最長で5年間の避妊効果が得られますし、避妊以外にも様々な効果が得られますので魅力的な避妊方法です。しかし、IUDは誰もが利用できるわけではありません。
ここでは、IUSに適している女性と適していない女性についてご紹介します。

IUSに適している女性

数年間は妊娠を希望しない

薬をできるだけ飲みたくない

性行為のたびに避妊具を装着するのが面倒

IUSに適していない女性

IUSの成分で過敏症状がでたことがある

子宮外妊娠をしたことがある

生理以外の異常出血がある

性感染症にかかっている(過去3ヶ月以内にかかった)

子宮の形状や位置に問題がある

思い肝障害や肝腫瘍などがある

妊娠中

このように誰しもIUSを装着できるわけではありません。特に装着不可な条件に関しては上記以外にも存在しますので、気になる場合は婦人科へ相談してみましょう。

気になるお金の話

サイトで確認する女性IUSを装着するにあたって必ず病院へ行く必要がありますが、装着の費用は保険適用外です。保険が適用されない自由診療は、各医療機関で自由に金額を設定することが可能なので、受診する病院で費用は変わります。ただ、相場としては7~8万円程度です。

事前に病院のホームページや電話で費用に関して確認しておくと良いでしょう。

ただ、IUSは避妊目的ではなく、過多月経治療目的の場合には保険が適用されるようになりました。

ちなみに、IUSの交換や取り外しを行なう際にも費用がかかりますので覚えておきましょう。

妊娠には影響はないの?

IUSは装着している間は妊娠することが出来ませんが、器具を取り外せば再度妊娠できる体になります。特に後遺症が残ることもないので安心して下さい。