リズム法(基礎体温法)で避妊と妊娠を管理!

リズム法ってどんな避妊方法なの?

避妊の成功率について指摘する医者リズム法とは自分の月経周期や体温を把握し、その変化によって排卵日を予測する方法です。妊娠しやすい排卵日を避けて性行為をすることで避妊効果が得られます。

また、このリズム法というのは避妊目的だけでなく、妊娠を望む女性にも多く活用されています。

女性は、排卵のサイクルとともに体内のホルモン分泌量が変動します。そうすると体温も一緒に変化します。こうした体温を利用してセックスをしても安全かどうかを判断します

避妊や妊娠のために基礎体温を計測されますが、自分の体をよく知るためにも計測しておいても良いでしょう。

避妊成功率はどのくらいか

避妊成功率について紹介する医者リズム法の避妊成功率ですが正しく計測できていれば99.5%の確率で避妊に成功します。つまり、リズム法で避妊を行なった100人中99人ほどが避妊に成功するというわけです。

ただし、正しく計測できていない場合には避妊成功率は下がってしまいます。

一般的に行われているリズム法では避妊成功率は75%ほどになります。この数字は決して高いとはいえないでしょう。

そのため、リズム法で避妊を考えている場合には、正しく計測をしなければ意味がありません

リズム法で避妊するメリット・デメリット

リズム法で避妊するメリット

薬を服用しないので安全

自分の月経周期を把握することが出来る

費用がほとんどかからない

避妊目的にも妊娠目的にも活用できる

リズム法で避妊するデメリット

排卵日を予測したとしても100%避妊に成功できるわけではない

毎日決まった時間に計測しなければ意味がない

体調の変化によっても体温は変わるので予測が難しい

最低でも3ヶ月間続けなければ基礎体温を把握できない

費用について

婦人体温計リズム法で避妊をするとなれば、体温計が必要になります。

ただ、リズム法で用いる体温計は一般的なものとは異なり、婦人体温計と呼ばれるものを使用します。

婦人体温計は、一般的な体温計に比べて細かく目盛りが記載されています。薬局でも販売されており、金額は1000~3000円ほどになります。

基礎体温の測り方

リズム法で確実に避妊するためには正しく体温を計測する必要があります。
ここで、正しい基礎体温の測り方をお教えします。

準備

リズム法で必要となるものは、婦人体温計基礎体温表ペンの3つです。
婦人体温計は薬局や通販で購入できますし、基礎体温表はネットから無料ダウンロードすることも出来ますし、専用のノートも購入できます。

計測

体温は、朝目覚めて起き上がる前に計測します。体温計を口の中へ入れ、舌の裏側・付け根部分で測ります。
また、計測する時はできるだけ毎日同じ時刻に行いましょう

書き込む

計測した体温を基礎体温表に書き込みます。その際には体温の他にも性行為や月経の有無、体調についても書き込みましょう。

リズム法を行なうことで、妊娠しやすいタイミング、妊娠しにくいタイミングを把握できます。但し、3ヶ月ほど継続しなければ自分の月経周期を把握することは出来ません

妊娠しやすいタイミングとは?

妊娠しやすいタイミングを指摘する医者基礎体温を計測したとしても、どのタイミングが妊娠しやすいのか把握していなければ意味がありません。

多くの女性は「排卵日=妊娠しやすい」と思っていますが、実は最も妊娠しやすいタイミングは排卵日の3日前~排卵日翌日です。この4日間は最も妊娠する可能性が高いので、できるだけ性行為を避けましょう。

リズム法を利用して避妊をする場合でも、もし妊娠したいと心変わりしたら妊娠しやすいタイミングを狙って性行為をするようにしましょう

避妊・妊娠するにも確実な方法とは言い切れませんが、リズム法は手軽にできて健康管理にも繋がります。

Scroll Up