初めてでも安心!個人輸入代行の使い方講座

ピルが欲しいけど時間がとれない女性低用量ピルをはじめとした、様々な避妊薬を誰にもばれずにこっそりと購入できる
個人輸入代行はとても便利なものです。

しかし、こうしたサービスについて全く知らないという人にとっては、不安になることもあるでしょう。
このページではそうした人に向けて、初めて個人輸入代行のサービスを
利用するという人でも安心して利用するために基本的なサービスから使い方
使うメリットやデメリットを紹介していきます。

このページを見るだけで、個人輸入代行がどんなものなのか?
どうやって使うのかといったことは全て把握してもらえます。

個人輸入はどんなことをしてくれるのか。

個人輸入代行というサービスを利用することで、できるようになるのんが
海外から直接医薬品を輸入して使えます。

通常、医薬品は一般的に販売されておらず、医師から処方箋をもらって
病院や薬局で処方してもらうのが普通です。
ですから、自分が欲しいと思っても処方箋が無ければもらえませんし、
処方箋をもらうためには医師の診察が必要になるわけです。

避妊の為に、低用量ピルやアフターピルを購入したいと思っても
その前に婦人科に足を運び診察を受ける必要があるので、人によっては恥ずかしいと感じるでしょうし。
できる事なら、誰にも知られずにピルを手に入れたいと考える人もいるでしょう。

そうした、悩みを一気に解決してくれるサービスといえます。

個人輸入代行って、法律的に問題ないの?

自宅で医薬品を購入する女性処方箋が必要な医薬品を処方箋無しに売買したりすることは禁止されています。
ですから、薬局では処方箋がいる薬は販売されていません。
となると、心配になってくるのが、個人輸入代行でもそれは同じじゃないの?といいうこと。

処方箋が必要な医薬品を輸入することで法律に触れて逮捕されるということはありません。
基本的に、法律では自己責任で自らが海外の製薬会社などから直接医薬品を輸入し
使用することは禁じられていません。

そのため、個人輸入を代行してくれるサービスを利用しても何も法律的な問題はないのです。
ただし、一点だけ注意すべきことがあります。個人的な輸入は基本的に禁止されていませんが
そもそも輸入すること自体が禁じられている医薬品があります。
そうした医薬品を輸入した場合には、法的な問題を問われてしまう事になります。

ですが、基本的に個人輸入代行のサービスを行っている業者はそうした輸入が法に触れる
医薬品については、取り扱っていなかったりするので知らないうちに問題のある医薬品を
輸入してしまっていることはありません。
ただし、悪徳な輸入代行サービスでは、取り扱っていたりするケースもあるようなので
何を輸入しても大丈夫なのかといったことを事前に調べておくと、より安心して個人輸入代行のサービスを
使えるようになるでしょう。

関連リンク

⇒ 徹底解剖!個人輸入代行のメリットとデメリット

関連リンク

Scroll Up